雪の日に限って・・買い物の憂鬱

昨日からの雪で、学校に遅刻した息子を朝、車で送っていく。
ついでに、買い物。
わざわざ、雪の日に行かなくてもいいのだが食卓の上の蛍光灯が切れたので、気になって仕方ない。
最近は、朝早くからやっている大型スーパーがあるので助かる。
九時前だというのに、駐車場は結構な賑わいだ。
寒いので、さっさと買い物を済ませる。
傘(昨日子供が壊したため)、蛍光灯(40形、30形)二個セット、食パン、爽健美茶1.5リットル。
スーパーを出ると、駐車場の車が増えている。
みんな、寒さに備えていろいろ買いだめするんだな。
家に帰り、蛍光灯を取り換える。
ところが、40形は点灯するも、30形は点灯せず。
不良品だ・・。
レーシートを眺め電話をかける。商品をもって行ったら交換してくれるそうだ。(あたりまえだけどね)
ため息。こんな寒い日に、蛍光灯の不良品をつかむなんてついていない。また、長靴を履いて出かけないと。
最近、出不精になっている私を見た神様がお尻を叩いて、「もっと動きなさい」と言っているのかもしれない。晴れた雪の日のドライブはまぶしい。
いつもの街並みがキラキラして違う風景に見えた。