帰省の時期がやってきて、不思議に思ったこと。

年末年始、夫の実家に帰省する予定。義父母は良い人だけど、やっぱり自分の実家と違い、料理の支度やお風呂など気疲れしてしまいます。
私の実家は隣県だけど、古い田舎の家で冬は寒いし、泊まると食事や布団の準備が大変なので、食事はたいてい両親と一緒に外食、いつも日帰り。
夫と4-6時間の滞在ですが、両親はちょうどいいらしい。

夫の実家は電車を乗り継いで5時間の距離。この時期、義弟家族も帰省するため大人数が滞在する。
甥や姪の相手をしたり、おせち料理を作るのを手伝ったり、結構疲れるのよね。
夫は、長くいても、一緒にどこかに出かけるでもなく、することがないし、2泊すれば十分と言うので、私は気疲れしても2泊だからと、正直助かってる。

で、不思議なのは、この義弟家族。年に3回ほど帰省するんだけど、1回の帰省で4-5泊はしてる。
何度も年末年始に帰省しているのに、私が夫と結婚して帰省するまでは、おせちを作る手伝いもしたことがなかったらしく、ごろごろ。食事は義母が用意していたらしい。

夫と私に対して、もっと長くいろと義父母が言うこともないので問題ないんだけど、義弟家族って、何か他にしたいことや行きたいところってないのかな?
親孝行ってやつかなとも思ったけど、不思議に思った。