乾燥肌を作り出すメカニズム

空気が乾燥した季節になると、肌がカサカサしたり、粉がふいたりするなど、乾燥肌に悩む人が増加します。また、加齢によっても、肌の乾燥は引き起こされます。では、乾燥肌とはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

正常な肌の内部では、水分の蒸発を防ぐバリア機能が働いています。肌細胞間の水分を、セラミドや天然保湿因子が蓄えているので、肌の潤いが保たれています。しかし、セラミドや天然保湿因子が減りバリア機能が低下した肌は、肌細胞間の水分が蒸発してしまい、乾燥肌になってしまいます。また、外部からの刺激も受けやすくなり、肌トラブルも増加します。

このメカニズムによって、乾燥肌を防ぐためには、肌のバリア機能を低下させないようにすることが大切だとわかります。肌のバリア機能を低下させないようにするには、しっかりと保湿を行い、肌のターンオーバーが正常に行われるようにすることが重要となります。なぜなら、肌細胞間の水分を蓄積する役割を持つ天然保湿因子は、肌のターンオーバーが行われると同時に作られるからです。

乾燥肌の場合の保湿には乾燥肌にあったものを使うことも大切です。乾燥肌化粧品ランキングなどをチェックしてみてもいいかもしれません。

また、新陳代謝を高めたり、コラーゲンの生成を促進するビタミンやミネラルを、毎日の食事やサプリメントから、豊富に摂取することも心がけましょう。